ネゴシエーション・スキル研修

ネゴシエーション・スキル研修の概要

 

ネゴシエーション・スキル、すなわち交渉能力は経験や先天的な能力に依存するものではありません。適切なプロセスを効果的に実行していくことによって、誰でも交渉力を高めることができるのです。

本プログラムでは、ハーバード大学の理論をベースに、相手と友好的な関係を築きながら、能率的、効果的にビジネス目的を達成できるWin-Winネゴシエーションのスキルを学びます。顧客や外注先に限らず、社内の他部署・上司・部下・同僚等、Win- Winのスキルが役立つ場面は限りなくあります。

 

ネゴシエーション・スキル研修の狙い

 

  • ネゴシエーション(交渉)の種類とスタイルについて理解し、Win-Win成立に必要な要素を把握する
  • 相手と信頼関係を構築しつつ、自分の目的を達成するプロセスを実践する
  • 自分自身の交渉のスタイル、強み、弱みを認識する
  • 異なる交渉の状況においての留意点を理解する
  • 個人ワークやグループディスカッションを通じて、自分自身の交渉戦略を立案する

 

こんな方が受講されています

 

  • 社内外の交渉場面において、利益を分割するのではなく、双方のメリットとなる交渉領域の創造が期待される方
  • 交渉の全体像を把握し、双方のニーズを整理しつつ、効果的に相手へ発言したり代替案を提示する必要のある方

 

プログラムのアジェンダ(抜粋)

 

下記のような内容を基本としますが、御社の状況に合わせた演習を作成するなど、カスタマイズも行っています。

 

・Win-Winネゴシエーションの特徴・難しい点
・Win-Winネゴシエーションプロセス:『準備・実施・合意』の3つのプロセス
・トーマス・キルマンの対立対処モード
・演習準備/自分の交渉ケース

 

・コミュニケーションスキル:積極的傾聴スキル
・コミュニケーションスキル:アサーティブスキル
・実践演習:トーマスキルマンの対立モードとコミュニケーションスキルを実践
・難しい相手の対応

お問い合わせ・資料請求

こちらからどうぞ