PFCの社会貢献

PFCは、世界平和と持続可能な社会のために、 組織における全ての人々の可能性を引き出します。

事業を通じて

クライアントへのサービス提供(ファシリテーション、組織開発、Global組織開発等を世に広める活動)を通じて、世界平和と持続可能な世界を意識することを働きかけます。

人材開発や組織開発の一連のサービスを通じて、クライアント様が組織として、またはリーダーとして、社会における存在意義や貢献について内省・考察・行動することを支援します。また、グローバルイッシュー(地球規模の課題)についての認識と解決に向けた行動を促進すべく、グローバル・エンゲージメント研修GIAリーダー・プログラム、グローバル・エンゲージメントに関する啓蒙活動(発信やイベントの実施)※等に取り組んでいます。

※グローバル・エンゲージメント・イニシアチブ:「企業が持続的成長を果たすために、地球的課題について様々なステークホルダーと対話・協働して共創すること」を世に広めることを目的として、ビジネスの第一線で活躍する有志が集まって取り組む活動。詳細はこちら

事業では手が届かない組織・人々に対して

売上の1%を寄付やプロボノ活動等を行うことにより支援します。

2003年より毎年、売上高の1%を「世界平和と子供達の幸福のために捧げる」ことを継続しています。「利益ではなく売上の一部を捧げる」というこの方針は、「お金が余ったから分ける」のではなく、「PFCのすべての活動が世界の貢献に繋がる」というわたしたちの思いを表わしています。具体的には、プロボノまたは寄付金の形で実現されています。


1)プロボノとは、プロフェッショナル・ファームにおいて、仕事を通じて培った知識やスキル、経験やノウハウなどを活かして社会貢献することを意味します。
PFCでは一定の条件を満たした「世界平和、人材育成に関わる活動をしている非営利団体」に対して:

・ 組織開発コンサルティング
・ キャリア・プランニング研修
・ リーダーシップ研修
等を無償で提供しています。

2)寄付金 2016年は下記の団体に対して寄付を行ないました。

UNHCR国連難民高等弁務官事務所
Teach For Japan
特定非営利活動法人ジェン
かものはしプロジェクト 

その他、過去に支援した団体には下記のような団体があります。
WFP国連世界食糧計画
荒川クリーンエイド
インチャチャンボ・コミュニティー・プロジェクト
プランジャパン コペルニク

PFCの社員として

一人ひとりが世界平和と持続可能な世界のために、必要なことを知り、想い、伝え、行動します。

CSR活動方針に賛同し、日々活動しています。現在、社員全員によるCSR活動方針への賛同書面を作成中です。
また、支援先団体の現場活動を確かめたり、グローバルな社会課題への理解を深めるために、社員が以下のような様々な視察活動を行っています。


WFPによるブータンでの学校給食プログラム
・JENによるスリランカの国内避難民支援活動
・JENによるハイチの大地震被災者支援活動
UNHCRによるヨルダンのシリア難民キャンプ
・コペルニクによるインドネシアでのエンパワーメント促進活動

事業運営において

社会的な責任を果たすために、常に以下のことを守り、行動します。

 

  • 社内における透明性の確保
  • 社員が快適に働ける労働環境の整備
  • 育児、介護従事者等への適切な配慮
  • 高い倫理観に基づく公正な取引