パフォーマンス・マネジメント研修

パフォーマンス・マネジメント研修の概要

 

組織と人のパフォーマンスを最大化するために欠かせないのが目標管理です。会社全体の戦略と所属部門の目標、そして個人目標と目標に向けたプロセス管理、これら全てを有機的に結び付けることが不可欠です。
しかし、多くの企業では詳細に評価指標を作成し、評価制度を導入・運用しているものの、残念ながら「人そして組織のパフォーマンスの最大化」には充分につながっていません。評価指標や評価制度を最大限に生かすためには、現場のマネージャーが、目標管理のプロセス(目標設定、評価、フィードバッ ク)の基本的な「考え方」をしっかり理解し活用 する「スキル」に加え、効果的にコミュニケーションする「スキル」を身につけることが欠かせません。

 

パフォーマンス・マネジメント研修の狙い

 

  • パフォーマンス・マネジメントの意義、サイクルについて理解する
  • ディスカッションを通じて、具体的なパフォーマンスマネジメントのベストプラクティスを共有する
  • 目標設定の狙いと重要性について理解する
  • 相手の業績向上と育成を支援するコーチング・スキル(フィードバックスキル、積極的傾聴)を習得する
  • 評価面談を効果的に運ぶコツを習得し、面談の練習をする
  • ケーススタディを通じて、他の評価者との「目線あわせ」を行ない、自分の評価のぶれを修正する

 

こんな方が受講されています

 

  • 個人パフォーマンスから生み出された成果を、組織成果に結びつけることが期待されている管理者・評価者の方
  • 部下のパフォーマンスを引き上げる具体的手法(目標設定や関わり)を身に付けることが期待される方

 

プログラムのアジェンダ(抜粋)

 

下記のような内容を基本としますが、御社の状況に合わせた演習を作成するなど、カスタマイズも行っています。

 

・パフォーマンス・マネジメントの定義・意義・サイクルについて理解
・現状共有:評価における課題、成功・失敗体験
・会議中に使える具体的なスキル
・目標設定の重要性、プロセスについて確認
・総合評価の手順
・面談に必要なスキル:コーチングスキル
・評価面談の進め方(演習)

お問い合わせ・資料請求

こちらからどうぞ