チーム力を高める

グループではなく「チーム」に
成功は、相互理解をベースにした協業から生まれます

組織の競争力の源

組織は「チーム」の集合体です。「チーム」には、「部」あるいは「課」といった「常設チーム」と、プロジェクトあるいはタスクフォースごとに協働することを目的にした「特設チーム」の両方があります。刻々と変化しつづける今日のビジネス環境において変化に迅速に対応して成果をあげるには、いずれのチームでも強固な団結力が必要です。共通目標に向かって協調して取り組む「チーム」を創りあげること、それが組織の競争力の源です。

グループを「チーム」に変える

単に人が集まった状態の「グループ」を「チーム」に、さらに「ハイパフォーマンス・チーム」へと進化させましょう。まずはチーム効果性調査ツールを用いて、チーム運営上の障害や可能性をアセスメント。その上で、チーム・リーダーのリーダーシップを向上させながら、リーダーとメンバー、そしてメンバー同士のコミュニケーションを促進させる施策をクライアントの皆様と共に考えます。チームのリーダーが具体的なアクションプランを策定・実行するためのサポートや、コーチングも行っています。

よりよいチームワーク作りのためのプログラム例

下記にないプログラムもカスタマイズしてご提供することが可能です。お気軽に お問い合わせ 下さい。

ファシリテーション・スキル研修

会議中に使う様々なスキルやツール・問題場面への対処などファシリテーターに必要な内容を総合的に学ぶことができます。

アサーティブ・コミュニケーション研修

主に職場でのコミュニケーションを想定し、上司や同僚にアサーティブに自分の考えを告げ、効率よく仕事を進める方法を学んでいきます。

セルフリーダーシップ研修(旧フォロワーシップ研修)

リーダーを補完し協働することで、組織の成果を上げる社員を育成。

チームリーダーシップ研修

自分のチームの効果性を検証し、課題を抽出。強いチームにする方法を学びます。メンバー指導のためのコーチングスキルも。

チェンジリーダーシップ(変革のリーダーシップ)研修

ビジョン構築・変革プランの設計・メンバーの巻き込み・抵抗への対処…。変革を成功させるための方法を学べます。

リモートワーク時代のチーム・マネジメント研修

リモートワーク下の自己管理術、日々の部下管理やオンライン会議の運営方法等について学べます。

自己理解ワークショップ―DiSC を用いて

自分の行動の傾向を知り、同僚との関係性の向上や、協業を効果的に行えるようになることを目指します。

自己理解ワークショップ―MBTI®を用いて

16タイプそれぞれの強みや特徴・課題を学び、 自分自身の成長はもちろん、周囲との人間関係作りに役立てます。

Working and Communicating Effectively in Japan~日本で働く外国人の皆さんのためのプログラム

日本での実務に最も関連性の高いトピックを中心に構成されています。文化の違いが、駐在員の日本での仕事にどのような影響を与えるかを理解し、文化のギャップを埋め、組織のあらゆるレベルの日本人同僚とより良いコミュニケーションをとる方法を学びます。